【NO失敗】これを押さえればOK。リフォームを成功させる5つの秘訣

リフォームを成功させる秘訣

大金を支払ってリフォームを依頼する以上、絶対に成功させたいと思うのはごく普通のことですよね。

リフォームを依頼する全員が「成功させたい」と願っていても、ふたを開けてみれば「失敗したな…」というケースがあるのも事実。

この違いは、”成功させるためのコツ”を知っているかどうかです。

私自身、リフォーム現場で多くの成功や失敗を経験してきましたし、他企業の情報もいろいろとヒアリングしてきましたが、施工がいいからといって必ずしも「成功した」となるわけではないんですね。

業界に携わってきた私が考える”成功させるためのコツ”は5つ。

リフォームを成功させるための秘訣
  • 依頼する業者の選定
  • リフォーム後の想定
  • コスト
  • 近隣への配慮
  • アフターフォロー

上記の5項目をすべて満たすことが本当の意味での『リフォームの成功』だと断言します。

では、どのようにして成功へと導いていくか、詳しくみていきましょう。

リフォームを成功させる5つの秘訣まとめ:

リフォームを成功させる秘訣

依頼する業者の選定:

まず、絶対に外せないのが業者の選定です。

リフォームが成功するか失敗するかが大きく変わってくるところで、優良業者に依頼してはじめて成功へとつながります。

悪徳業者に依頼してリフォームが成功するわけがありませんよね

ここでの優良業者の定義は3つ。

優良業者とは?
  • 住宅リフォームについて詳しい
  • 担当者と波長が合う
  • レスポンスが早い

住宅リフォームについて詳しい:

「リフォーム担当なのだから詳しいのは当たり前だろう」と決めつけるなかれ。

住宅リフォームはご家庭ごとに『構造も違う』『ニーズも違う』『予算も違う』というなかで工事を進めていかなくてはなりません。

あなたの担当者は新築工事には詳しいかもしれませんが、一昔前の住宅の構造をまるで知らないという可能性もありますよね?

ではどのようにして見極めるのか。

それは、質問に対して腹落ちするような回答を瞬時にもらえるかどうかで判断すれば大丈夫です。

言葉を濁したり、話をすり替えてくるような担当者であれば疑いの目を向ける必要もあるでしょう。

大金を支払うのですから、妥協はダメですよね。

担当者と波長が合う:

意外と大切なのが担当者とウマが合うかどうか

営業や現場監督が担当になるのが一般的ですが、金額交渉や工事の注文など、すべて担当者を通じてやり取りしていくことになります。

担当者と合わなければ、何かと目がついたり、あなたの言い分をなかなか言い出せなかったりとデメリットしかありません。

「すべての条件はいいが担当者がちょっと…」という場合は、上司に掛け合うことで担当を替えてもらえる場合もあります。

しかし、企業の体質が関係している可能性もありますので、”ご縁がなかった”と他の業者に依頼する方がうまくいくケースも多いです。

レスポンスが早い:

当たり前のことなのですが、

  • メールの返送がいつも一週間後になる
  • 電話もしても折り返してこない

このような業者は、必ずといっていいほどトラブルに発展します。

  • 提示されていた工期に間に合わない
  • 打ち合わせで決めた商品と違っている
  • 工事が原因で隣家ともめてしまった

一事が万事、すべてつながっています。

業者の選定にはより神経を使って慎重に決める必要があるのです。

質の良いリフォーム業者とは?契約前に優良業者を見分ける方法を専門家が伝授します質の良いリフォーム業者とは?契約前に優良業者を見分ける方法を専門家が伝授します

リフォーム後の想定:

リフォームを依頼するときはある程度、頭の中でリフォーム後の情景が出来上がっていると思います。

  • キッチンを新しくして料理を楽しんでいる
  • 壁紙を貼り替えて新築のように清々しくなった

などなどですね。

依頼する業者が決まり、打ち合わせを進めていくと、図面が出来上がってきたり、新しくする商品を決めていったりと完成に大きく近づいていきます。

ここでもう一度、リフォームした後の生活を想像してみましょう。

「こうすればもっと良くなるのでは?」と担当者が提案してくれたプランに変更することも大いにあり得ます。

はじめに思い描いていた情景から離れていたとしても、そちらのほうが良いと思えるのであればそのリフォームはあなたにとって間違っていないわけです。

逆に、「あれ?これは…」と少しでも違和感を感じるようであれば積極的に疑問をぶつけましょう。

そのための打ち合わせの場です。

コスト:

住宅リフォームを行ううえで、一番気になるのが費用面ですよね。

どれだけあなたに合った業者だなと感じていても、費用が合わなければ依頼することはできません

当然、リフォームに割ける予算も決まっていますよね。

ではどうするか。

あらかじめ、業者選定の段階で1つの業者に決めつけず、何社かに見積もりを依頼する(=相見積もりをとる)ことで解決できます。

相見積もりを依頼することで、相場から大きく離れた見積もりを提出する業者を省くことができますし、それぞれの業者の質を見ることができます。

業者の質を見ることで、

  • この業者は何だか頼りないな…
  • 詳しく説明してくれないから不安だ…
  • 返事が遅いから話が進まない…

などの気になる点をあぶりだすことができるはずです。

つまり、業者選定に大切な『優良業者をみつける』にもつながっていくということなんですね。

近隣への配慮:

住宅の立地、リフォーム内容や規模によっても変わりますが、基本的には近隣住民の方へ迷惑をかけることになります。

  • 住宅の前に作業車が駐車する
  • 朝早くから工事の騒音が出る
  • ほこりで洗濯物を外に干せない

普段の生活では起こりえないことが起こるわけですから、関係のない近隣の方からすれば当然迷惑なことですよね。

最低でも工事の一週間前にはリフォームの挨拶に伺い、「迷惑をかけます」ということを伝えておくのがベターです。

リフォームはどのご家庭でもあることなので、「お互い様」となるのが普通ですが、挨拶に行くと行かないでは天地の差があるということを押さえておきましょう。

挨拶まわりは業者任せにしない:

依頼する工務店側が近隣挨拶をまわるケースも多いですが、工務店任せにせずにご自身でも行かれることを強くおススメします。

工務店側の挨拶がしっかりと対面で話をしているか分かりませんし、工事期間のお知らせのビラ1枚をポスティングしているだけの可能性もありますよね。

同行する、別で挨拶にまわるかはどちらでもいいですが、あなたご自身がしっかり近隣の方に挨拶へいくことがもめごとを防ぐ最大の方法ですよ。

リフォームの挨拶回りをするときの注意点リフォームの挨拶回りでお悩みの方向け。トラブルを避けるための注意点まとめ

アフターフォロー:

フォローがしっかりとできている業者は大手を含めて意外と多くありません。

  • 工事不備の早急な補修対応
  • 大規模リフォーム後の定期的な点検

リフォーム自体、頻繁にするものではありませんので、リピーター獲得のためにアフターフォローをしっかりとする必要性が薄いからです。

しかし、依頼する側からすればフォローの有無は大きなポイントですよね。

「アフターフォローがしっかりしているかなんて工事が終わってからでないと分からない」と思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

見極め方は簡単で、業者選定の段階でホームページや口コミを調査すること。

今はインターネットを活用して多くの情報を入手できますので、それを活用しない手はありませんよね。

ホームページの実際の仕事内容なので、フォローに関する記事が更新されているのであれば信頼に値するのではないでしょうか。

まとめ:

リフォームを成功させる秘訣

ここまでリフォームを成功させるための秘訣をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

誰も失敗したくないと思うのは当たり前。

でも失敗したなと思ってしまうのがリフォームの難しいところです。

それでも失敗しないために、総じて言えるのはリフォーム担当者と密に話し合うということ。

施工面や金額面ふくめ、「こんなことを聞いてもいいのかな」と思うことでも臆さずにぶつけることで、間違いなく良い方向に転ずるはずですよ。

参考記事:

リフォーム業者がまだ決まっていないという方はこちらの記事も合わせてご覧くださいませ。

リフォームを成功させるための業者の探し方についてご紹介しています。

リフォーム業者の探し方【成功への第一歩】リフォーム業者の探し方5パターンを専門家が徹底的に解説します